v01/ 6月 12, 2017/ つぶやき, 投稿

 

今回はタイヤワックスを表面に施工し、時間の経過がたったタイヤを紹介したいと思います。

タイヤワックスを新品タイヤに施工して、

紫外線の当たる場所に放置されたタイヤです。

 

 

オーロラ色に全体がなり、油が浮かび上がってきています。

 

 

新品タイヤとは全く思えないほど全体が油で滲んでまだらな状態です。

 

新品タイヤの表面に注入してある表面保護材が紫外線により

薬剤と反応して黄ばんでくるのですが、

多くの店舗様がタイヤワックスなどで表面をごまかすため

タイヤワックスを使用するのが現状です。

 

ただしタイヤワックスを使用しても、

店外展示など紫外線下に放置してしまうと

上の写真のようになる場合が多いです。

 

今度は同じ状態で管理された中古タイヤを

タイヤワックスとイエローモンスターで施工した場合の施工例を紹介したいと思います。

 

 

 

VERTEX1ブランドの株式会社ベルテックス  稲垣