v01/ 6月 13, 2017/ つぶやき, 投稿

現在まだ社用車に履いているタイヤの4本のうち

「施工なし」「タイヤワックス施工」「イエローモンスター施工」と

施工の違いを観察したいと思います。

 

まずは「施工前」!

右前のタイヤを何もせず施工は行いません。

 

 

よく見るとほこりや黄ばみなどで汚れが目立ちます。

 

 

よく見る走行中のタイヤです。

 

次は左後ろに「タイヤワックスを施工」!

タイヤワックスは多くの店舗様が使用されている艶出し剤で、

かなりの比率で薄めてあります。

 

 

パッと見は綺麗なのですが、

よく見るとムラがあり、タイヤワックス独特のテカリがあります。

 

 

艶がムラになってしまいますので、塗ったのも一目瞭然です。

 

最後に、左前のタイヤに「イエローモンスターを施工」!

 

 

自然なタイヤの艶で独特なテカリもなく、

本来のタイヤの艶に戻りました。

 

 

 

その後数時間走行しただけで、タイヤワックスは取れていき、

3日後には完全に取れていました。(下記写真:タイヤワックス施工)

 

 

タイヤワックスはすぐ取れることが分かりましたので、

新品タイヤの黄ばみをタイヤワックスで施工して販売した場合

装着後短時間はタイヤワックスが残っていますが

数日後には取れてしまうことが分かります。

 

黄ばみをごまかしで施工した場合には黄ばみが再度浮き上がり、

新品タイヤであるはずなのにすぐに黄ばみが発生したことにより

クレームに繋がったケースもあり

この現象によるものだとわかります。

 

イエローモンスターは黄ばみ自体そのものを取り除くので

この心配はありません。

 

 

 

 

VERTEX1ブランドの株式会社ベルテックス  稲垣